医院開業支援のクリニック開業.com

医院開業支援の
クリニック開業.com
「え!?同じ医院開業がやり方によって
結果がこんなに変わるなんて!」

クリニック開業.com
医院開業支援のクリニック開業.com ロゴ

詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー1
医院開業支援先

当社医院開業支援4
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー2
医院開業支援先

当社医院開業支援5
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー3
医院開業支援先

当社医院開業支援6
院内ツアー詳細はこちら

医療機器・備品の購入

  医療機器・備品等の購入についてですが、
基本は医療理念や診療方針を実現する為に必要なものであるか、費用対効果や稼働率推定からみて導入時期を ずらすなど優先度はどうか。地域の役割はどうか(特殊なものでも近で競合がやっていると問題)など。

注意なのはレントゲンなどの大型のものは建築設計の基本設計の段階で入れ込んでおく必要があります。 また、MRIなど重いものは過重問題が出てき補強工事が必要になるケースもあります。 さらに、配線工事が絡むものも設計折込が必要で設計や工事業者との打合せが必要になってきます。

基本的な順序としては医療機器や備品をリストアップして見積をとったり、設計に落とし込んだりしていきます。

融資においても国民生活金融公庫のように医療機器の見積が要求されることもありますのでスケジュールの把握も必要です。

また、リースの活用の検討も。

   

≪医院開業ノウハウ(開業までの基本実務)前のページへ
医院開業ノウハウ(開業までの基本実務)次のページへ≫





もっと詳しい情報を知りたい方は
クリニック開業.comに無料会員登録してみませんか?

「登録される方は、下のマークをクリックしてください!」

医院開業、クリニック開業、コンサルタント