医院開業支援のクリニック開業.com

医院開業支援の
クリニック開業.com
「え!?同じ医院開業がやり方によって
結果がこんなに変わるなんて!」

クリニック開業.com
医院開業支援のクリニック開業.com ロゴ

詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー1
医院開業支援先

当社医院開業支援4
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー2
医院開業支援先

当社医院開業支援5
院内ツアー詳細はこちら

当社医院開業支援院内ツアー3
医院開業支援先

当社医院開業支援6
院内ツアー詳細はこちら

医院開業を決めた場合、いつ開業するか

 医院開業を決めた場合、いつ開業するか。

よく開業希望の先生とお話しするのが「医院開業を決めたら早いほうがいいですよ」と言います。当然「なんで?自己資金をもっと 貯めてからの方がいいんじゃないの」って話になるのですが。実例からして10年前に開業した開業医の先生と、5年前に 開業した開業医の先生、3年前に開業した開業医の先生、最近開業した開業医の先生では遅く開業された先生がやはり苦労されています。
これは、医療行政の変化(医療費抑制や)、地域医療の性格上信頼のおける医院がすでにあれば後発の医院が患者を取り込むには 時間をかけた患者との信頼関係が必要になってくること。その他年々開業適地が少なくなってきていることなどがあります。
出来ればその少ない開業適地に早くご自身の医院の旗を揚げ地域になくてはならない存在になることが非常に大切かと思うからです。

ご自身の準備(スキルを含めた)の問題が医療人として大きな割合を占めるものであれば、そちらを優先すべきでしょうが出来ることなら 早く開業すべきと思います。特に医院の開業は設備投資に資金がかかります。今後さらに医療費抑制が強くなる前にある程度の早期投下 資本回収を考えた方が、ベストだと思うのですが。
他にも、金融機関への返済終了時期を意識されるケースも多々あります。

また、「しかし資金が」というお話もよく出るのですが、確かに開業スタイルの選択しが狭まる可能性はありますが、最近は少ない資金 での開業スタイル(継承開業や建て貸しなど)も増えてきていますし、開業スタイルによほどのこだわりがなければ出来ると思います。

また、科目によって何歳くらいの開業が多いのかといったご質問もありますが。全体的には40歳前後の開業が一番多いかと思います。
しかし、投資額が少ない科目、例えば眼科、耳鼻科、皮膚科などはもっと早く開業されるDrが多いように感じます。

また、開業時期を考える場合考慮しないといけないのが、「スケジュール的にどれほどかかるのか」、「医局のルールで1年先になる」、 「科目の特性として冬前がいい」などです。

「スケジュール的にどれほどかかるのか」これは開業スタイルによっても違うのですが、ざっと新築開業で1年、テナント開業で半年、 継承開業で4ヶ月といったところでしょうか。もちろんもっと少ない時間でも開業は可能ですが、やることはいっしょですので半年 かかるものを3ヶ月の密度でやったということもありいろんな意味でリスクも増えてきます。
しかし、一番時間が読めないのが物件探しです、縁の問題もあるため、すぐ見つかる場合ありますし、何年も希望の物件が見つからない 場合もあります。そしていい物件はだれが見てもいい物件(診療圏やコスト、ロケーションなど)なので特に継承の優良物件は足が速い ことが多く、縁とタイミングの問題も多く見受けられます。

「医局のルールで1年先になる」これは各医局によりいろいろあると思いますが、最終的に対処円満にすることが大切なのではと思います。 しかし、最近はスーパーローテーションの関係もあり今まで以上の調整が必要になるケースもあろうかと思いますのでこちらも早めの対処 が必要かと思います。

「科目の特性として冬前がいい」これは、毎日患者を診られている先生のご説明する必要はないかと思いますが。内科なら冬場を迎える 前に地ならしで秋開業や、耳鼻科は花粉症の時期に間に合うようなどです。

基本的に医院の開業の意思が固まったら、善は急げだと思います。

   

≪医院開業ノウハウ(開業前に方向性を明確に)前のページへ
医院開業ノウハウ(開業前に方向性を明確に)次のページへ≫





もっと詳しい情報を知りたい方は
クリニック開業.comに無料会員登録してみませんか?

「登録される方は、下のマークをクリックしてください!」

医院開業、クリニック開業、コンサルタント